O365やSharePointについて語ってみたり

LaF-Tech

プログラミング

VisualStudioでGUIDを生成する

投稿日:

以前、powershellでGUIDを生成する方法について説明しましたが、今回はVisualStudioのツールを利用してGUIDを生成する方法についてです。コードは書きません。

「GUIDの作成」ツール

あまり使われていない気がしますが、VisualStudioには「GUIDの作成」というツールがあります。

「ツール」メニューから「GUIDの作成」を選択するとツールが立ち上がります。

GUIDの作成ツール画面

 

使い方

画面は大きく分けて形式の選択肢とボタン類、生成した値欄で構成されています。

使い方としては以下の手順で操作していきます。

  1. 「GUID形式」の選択
  2. 「新規GUID」ボタン押下
  3. 「結果」欄の値確認
  4. 「コピー」ボタンでクリップボードへコピー
  5. 使用箇所に張り付け
  6. 2に戻る

とまぁ、こんな感じです。

GUIDの形式ですが、通常よく使われているのは 4 のレジストリ形式あたりかと思います。↓こんなの

{5CB0B3B6-3BC2-40CA-96AA-1CEE9F4554B8}

 

最後に

VisualStudioでコーディングしている際にGUIDが欲しいっ!となった時に知っていると便利なツールです。

ボタンひとつでコピーできたりと、結構便利なので是非とも使ってみてくださいねっ(∩´∀`)∩

あとpowershellから生成するお話は↓こちら

オススメ記事一覧

-プログラミング
-, , ,

Copyright© LaF-Tech , 2019 All Rights Reserved.